更年期障害

 

更年期障害の症状は全身に様々な症状が出ることが多いです。
主には自覚症状が中心です。

原因としては、更年期(40~50代頃)により卵巣機能が低下し、エストロゲンというホルモンが分泌されづらくなりホルモンのバランスが保てなくなるためです。

更年期障害は女性に多く見られますが男性でも見られます。
女性の閉経のような節目がないため徐々に症状が現れてくるのが特徴です。

症状としては月経不順・月経異常、身体のほてり、冷え、のぼせ、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、不眠、精神的な不安定感などと様々です。

また、更年期障害と似たような症状が出る病気として子宮がん・甲状腺疾患・糖尿病・前立腺肥大症などがあるので一度病院での検査をお勧めします。

更年期を迎え、女性ホルモンの減少を抑えることは困難ですが、女性ホルモンに似た成分のエクオールを摂取すると良いそうです。
エクオールは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインの代謝物です。
更年期障害の他、骨粗しょう症予防、メタボなどにも効果があるとされています。

当院で行う治療では主に鍼灸を用いています。
鍼灸治療には自律神経の調整や、女性ホルモンの分泌促進作用などがあります。
手・足・耳・背部などにあるツボへ刺激の殆どない施術を行うので鍼灸が初めての方や刺激が苦手な方へお勧めです。