めまい

めまいの種類は全部で3種類あります。

① 回転性のめまい ②動揺性のめまい ③眼前暗黒感

 

回転性のめまい

%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%84%ef%bc%92

回転性のめまいの原因場所は、主に三半規管(さんはんきかん)にあります(脳の場合もあります)。三半規官は耳の中にあり、中はリンパ液で満たされています。体が動くと、このリンパ液も一緒に動き、体がどの方向に動いたかを三半規管の神経が察知します。

 しかし色々な原因でリンパ液が多くなりすぎたりすると、体が動いてもいないのにリンパ液の圧力でリンパ液が動いてしまい、体が動いていると勘違いをしてしまいます。すると、ぐるぐると回るようなめまいを感じることになります。このような回転性めまいは、メニエール(またはメニエール氏病)が代表的な病名ですが、メニエール以外でも前庭神経炎などでも起こります。

 また、三半規管の隣には蝸牛という場所があります。ここは音を感知する場所になります。三半規官のお隣さん同士のため三半規官の障害が蝸牛に広がる場合があります。この場合、めまいと同時に耳鳴りが起きる場合があります。また、回転性のめまいは気分が悪くなることで、吐き気や嘔吐をともなうことがあります。

 メニエール病は内リンパ水腫とも言われ、三半規管の中にあるリンパ液が増えて症状が起きるのですが、西洋医学的には分かっておりません。リンパ液が増える原因として、

o リンパ液が必要以上に生産されている。
o リンパ液の吸収が必要以上に阻害されている。
 このどちらかになります。

 リンパ液が必要以上に生産されている原因は、自律神経失調症・ホルモンの異常・ウイルス感染・内耳への血行障害などが考えられます。リンパ液の吸収が必要以上に阻害されている原因は、血行障害・リンパ液の循環障害・リンパ嚢の発育不全などが考えられます。

 メニエールの多くの原因は、自律神経失調症になることでホルモンのバランスが崩れる・抵抗力が低下しウイルスが騒ぎだすこと・血行が悪くなったりすること・などが一番有力なものになります。

メニエール・内耳炎・前庭神経炎の対策は、自律神経のバランスを整えること!

 耳鼻科などの病院では、メニエール・内耳炎・前庭神経炎の原因は、細菌やウイルスなどの感染だと言われることが多いです。そのため、それらに感染しないように気をつけないといけないと思いがちです。しかし、細菌やウイルスはそこらじゅうにいます。それに感染しないには、無菌室のようなところにいないと出来ません。

 大事なことは、感染しても大丈夫な免疫力を付けることです。それには自律神経の問題が関わってきます。実は、自律神経が狂うことで免疫力が低下してしまうことが多いのです。
最も多い原因は、自律神経失調症によるものなのです。自律神経には交感神経と副交感神経とがあります。この二つの神経の働きのバランスが崩れることを自律神経失調症と言います。

 交感神経は仕事をしたりストレスを感じる時に働き、副交感神経はリラックスしたり寝ているときに働きます。この副交感神経は体を治す神経でもあるので、この神経が働かなければ治りにくくなります。多くの方は、ストレスから症状を起こしている方が多く、自律神経の交感神経ばかり働いている方がほとんどです。そのため、免疫力の低下が起こります。

 また、不眠症なども起こす場合もあります。眠りたいのだけれども、何だかぐっすりと眠れないという方もいるかと思います。

実は、日常生活で一番よく起こるめまいの原因は自律神経失調症です。そのため、めまいのことと共に自律神経失調症の原因や対策法を知る必要があります。自律神経失調症の原因はストレスです。ストレスを過剰に受けると、自律神経のバランスが崩れます。

自律神経失調症は、交感神経が働きすぎて副交感神経が働かないというバランスの崩れ方をします。交感神経が働きすぎると以下のような状態になり、めまいを起こします。

血管が細くなり血流が悪くなる

 交感神経が過剰に働くと、血管が細くなります。それが耳の中で起これば、三半規管や蝸牛などの器官に血液が届きにくくなります。すると平衡感覚を感じる機能が低下したり、神経が誤作動を起こしたりしてめまいを感じる場合があります。
 

免疫が弱くなりウイルスの活動が活発になる。

通常、多くの人がいくつかのウイルスに感染しています。これは不思議なことではありません。免疫力が高い時は、ウイルス自体は活動出来ませんから感染していることに気付かないことも多いのです。
しかし交感神経が過剰に働くことでウイルスに対する免疫が低下し、ウイルスが活動を始めてしまうのです。それが耳の中で起こると、メニエール・内耳炎・前庭神経炎などの原因になるのではないかという説があります。

過剰な水分が体の一部分に溜まりやすくなる。

炎症を起こした部分は、体の水分が集まってきます。たとえば、火傷などがいい例です。火傷をしたところは水ぶくれができます。また、膝などに水がたまるというのもよくありますが、これも炎症により水がたまっているのです。

炎症を起こしやすくなる。

体は炎症部に水を溜めて冷やす能力が備わっています。それが耳のリンパ液などに起こると、メニエールのような状態になると思われます。実は、交感神経が過剰に働くと、体のどこか(その人の弱いところ)で炎症が起きやすくなるのです。これが耳の中で起こるとめまいを起こすようになります。

 障害部位が治りにくくなる。

体には、自然治癒能力(しぜんちゆのうりょく)というものが備わっています。薬などを飲まなくても、自然と体の病気やけがを治そうとする働きのことを言います。自律神経失調症になり交感神経が過剰に働くと、それと引き換えに副交感神経は働けなくなります。

この副交感神経が自然治癒能力を働かせているのです。そのため、副交感神経が働けないと自然治癒能力も働けなくなり、病気やケガが非常に治りにくい状態にないります。めまいがなかなか治らないのはこのためです。

回転性のめまいの原因で全く異なるものとして、良性発作性頭位めまい症(BPPV)というものもあります。
良性発作性頭位めまい症は、頭位を変換した時に起こします。めまいの時間は30秒を超えることはありません。頭の位置を動かさなければ起きないのです。これは三半規管のリンパ液の中に耳石というカルシウムが混入したために起こる病気です。

 通常、寝ているときに前庭部の耳石器という部分から耳石が三半規管に落ちてくることが多いです。また頭を強く打ったときなどにもたまに見られます。耳石器が三半規管に混入する原因は不明です。先ほどお伝えしましたが、三半規管の中にはリンパ液で満たされており、頭を動かすと、このリンパ液も一緒に動き、頭の位置などを感知しているのです。

 このリンパ液の中に石が入ってきたらどうなるでしょう。頭の向きを変えた時にリンパ液に流れが出来ますが、その時に石は重みがあるのでなかなか移動しません。しかし頭の位置が変わったとにより石の位置も変わり、頭の位置を変えた後に、重力に沿って下に移動しようとします。

すると石が移動することでリンパの流れができ、頭が動いたと勘違いしてしまい、めまいが起きてしまうのです。ちなみに三半規管への耳石混入が原因ですので、耳鳴りは伴いません。

良性発作性頭位めまい症は、三半規管の前方ににある前庭からカルシウム分を含んだ耳石が、三半規管の中に混入することで起こります。 良性発作性頭位めまい症の対策は、とりあえず頭を動かさないでください。

 すると30秒以内には収まりますので落ち着くと思います。そこで今度はわざとめまいを起こす方向に頭を動かしてみてください。30秒以内に収まるようなら安心してください。めまいはしますが、良性発作性頭位です。

 一応、めまい外来や脳神経外科で検査をしてもらうことをお勧めします。30秒以上症状が収まらないようでしたら、出来るだけ早く脳神経外科に行くようにしてください。なぜなら、悪性発作性頭位めまい症という、中枢神経(脳や脳幹)の障害の場合が考えられます。

 良性発作性頭位は、めまいを起こす方に頭位を取り続ければ自然に消失すると言われていますが、これは正確ではありません。実は、前庭部から三半規管に剥がれ落ちた耳石を前庭部に戻す頭の操作法があります。しかし、適当な方向に頭位を動かした場合、偶然に耳石が前庭部に戻ることも考えられますが、おそらく戻らないケースも多いと思います。

 良性発作性頭位の際は、耳石を前庭部に戻す頭位操作法があります。これを行うと70%の確率でその場で治るという報告がありますが、一般の方がそれを行うには難しいでしょう。しかし、良性発作性頭位めまい症の場合は、2~3週間で自然と治るとされていますので、あまり心配はいりません。

動揺性のめまい

%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%84

ふらつきを起こす症状を動揺性めまいと言います。発生部位は、主に脳の脳幹というところになります。また、小脳という部位でも起こる場合もあります。脳幹や小脳は中枢神経と言われ、とても重要な個所と言われています。

 そのため、動揺性は危険と言われることもありますが、危険か危険ではないかは動揺性・回転性・眼前暗黒感だけでは判断できません。軽いふらつき程度の症状だけの方は多くいます。動揺性は、①中枢性②全身性③薬剤性④心因性に分かれます。

中枢性

中枢性とは、小脳や脳幹に重大なトラブルがあることで起こります。特に脳幹や小脳に腫瘍・梗塞がある場合や悪性発作性頭位めまい症・脊髄小脳変性症などの病気の症状として出る場合もあります。

全身性

全身性とは、部分的な場所が悪いのではなく、文字通り全身的な問題から起こることを言います。一番多い例は、自律神経失調症です。ぐるぐる回る回転性めまいの多くの原因もこの自律神経失調症と考えられますが、ふわふわとふらつきを起こす動揺性もその原因は同じ自律神経失調症であることが多いです。

 特に脳幹は自律神経の大元であり、心拍・血圧・呼吸・嘔吐反射・平衡感覚などの神経が並んで存在します。そのため、自律神経失調症になると平衡感覚が狂いやすく、ふらつくことが起きやすくなります。

 また、貧血や発熱なども全身性に入ります。貧血になると倒れる方もいらっしゃいますが、倒れるまで悪くない方は貧血でフワフワとしたりクラッっとするような、ふらつきを起こす動揺性と似た症状が出ます。また発熱でもこのようなめまいを感じることがあります。

薬剤性

薬剤性とは感冒薬は全体的に、副作用にめまいが起こることのある薬が多いです。風邪薬に限らず、市販の薬を服用されている方は、薬の箱の裏でご確認ください。これらは精神神経系に影響を与える薬のため、ふらつきを起こす原因になります。

その他には、抗生物質・精神安定剤・降圧剤・抗パーキンソン病薬なども症状の出やすい薬とされています。

心因性

心因性とは、医療機関で検査を受けたが、明確な検査結果がでないときに、心因性という言葉が使われます。良く言われる「特に異常は見られませんね」「問題ありませんね」と言われるときにも心因性として扱われることもあります。医師に「気のせい」と言われて憤りを感じた方もいると思います。

 実はこのような場合は、自律神経失調症によるめまいであることが疑われます。自律神経失調症は、検査結果が明確に出ないことも多く、病院で原因不明と言われる多くが自律神経失調症であるという報告があります。精神的ストレスから自律神経失調症になり、その症状としてめまいを起こす方もいます。

 

眼前暗黒感のめまい

%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%84%ef%bc%93

眼前暗黒感は、文字通り目の前が急に暗くなることを言います。分かりやすく言うと立ちくらみです。これが酷くなると失神に至ります。失神とはきわめて短時間だけ意識を失うことを言います。そのため眼前暗黒感のことを失神前兆と呼ぶこともあります。

なぜ、脳の虚血状態が起こるのかというと、その原因は主に5つあります。

血圧低下・不整脈などの循環器系の障害によるもの

 心臓の問題により、心臓から出される血液の量が減ってしまうと、血圧が低下して脳にまで血液が送れなくなってしまいます。すると目の前が真っ暗に感じて倒れてしまうことがあります。原因は心臓の病気なので、そちらの対策が重要となります。

体位の変動によるもの

体位変動というと分かりにくいと思いますが、立ちくらみなどが分かりやすいと思います。起立性低血圧ともいいますが、座った状態からいきなり立つと、頭の位置が上にあがるため、血液を座った状態よりも上に持ち上げないといけなくなります。そのため、血圧が高くならないといけないのですが、何らかの理由で血圧が高くならないために立ちくらみを起こします。

立ちくらみの原因で多いのが自律神経の病気、いわいる自律神経失調症です。血圧は自律神経がコントロールしています。そのため自律神経が狂い始めると、血圧を体の状態に合わせてコントロール出来なくなり、立ちくらみになりやすくなります。

お風呂から急に出た時の立ちくらみも同じです。お風呂の水で圧力がかかっていたので、お風呂からですと、その圧力がなくなるので、血圧が急に低くなってしまいます。また、頸性めまいといい、首を曲げたままの時に気を失うそうになったり、そのような前兆が出てくる場合があります。これは椎骨動脈が何らかの影響で(多くはアテローム)細くなっているところに、首を曲げることにより血液の流れが悪くなり、脳に行く血液の量が減り、脳が虚血状態になります。

出血によるもの

出血すればそれだけ血液量が減り、脳のいく血液量が減ります。そのため脳が虚血状態になり、眼前暗黒感になります。通常皮膚などのからの出血は、見て分かるので何らかの処置をしようとします。しかし、胃潰瘍などの病気が悪化して体内で出血していると気づかないため、知らず知らずに血液量が減ってしまうことがあります。

薬によるもの

薬の副作用で血圧が低下してしまい、脳の虚血状態になり眼暗黒感になることもあります。その多くの原因は降圧剤です。高血圧の病気があり降圧剤を飲んでいる方が、だんだんと血圧が下がってきたとします。そんな時に降圧剤が効きすぎると血圧が必要以上に下がってしまう恐れがありますのでお気を付け下さい

その他の原因

その他の原因として、ショックな出来事などが起こると急激な血圧低下を伴うこともあります。そのため、目の前が真っ暗に、脳が虚血状態になり倒れてしまうのです。また、アナフィラキシーショックなど、アレルギー系の反応でなることがあります。また、まれにお酒の飲み過ぎで自律神経が麻痺し、血圧が急に低下し立ちくらみのような眼前暗黒感になることがあります。